ACCとは

TOP > ACCとは > 理事長挨拶

理事長挨拶

一般社団法人 ACC
理事長  高田 坦史

日本は現在、世界に名だたる課題先進国と言われています。
なかでも深刻なのが少子高齢化の「人口問題」です。
日本の総人口は2008年にピークアウトし、その後の10年間で100万人が減っています。
とくに経済の潜在的成長力を構成する15歳から64歳までの生産年齢人口は、
1990年代後半に比べて約1000万人の減少。2040年までには更なるマイナスとなり、
経済成長の重い足枷になっていくと予想されます。
こうした構造的な問題を抱えている日本経済が、活力ある力強い成長を取り戻すには、
これまでになかったサービス・商品を生み出すこと、
すなわち「イノベーション」のチカラが必要不可欠です。
「イノベーション」とは新価格の創造であり、クリエイティビティの成果以外の何者でもありません。
CMの普及、啓発を目的に始まった、わたしたちACCの活動は、
広告主・広告会社・放送局・制作会社の4つの業種が集い、スタートいたしました。
日本のIndustrial Creativityを牽引しているプレーヤーが数多く参加していることは、
大きな強みとなります。これからも新しい分野や仲間をどんどん拡張させながら、
クリエイティビティによって日本の産業をアップデート、
そしてイノベーションを促進する団体として更なる活動を推進して参ります。
みなさまのご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。