学生CMコンクール

TOP > 学生CMコンクール > 2017(第30回)入賞者発表

第30回 ACC学生CMコンクール 入賞者発表

一般社団法人 全日本シーエム放送連盟(ACC)は、CMの質的向上と人材の育成を目的に、1988年より毎年、全国の学生を対象にACC学生CMコンクールを実施しています。30回目を迎えた本年(2017年)は、7月3日~8月22日の間に作品受付を実施し、全国から2,113本(テレビCM: 1,648本/ラジオCM: 465本)の応募がありました。これらの応募作品はACCクリエイティブ委員会(委員長:木下 一郎)で構成する審査会で、「既存の広告作品にとらわれない、学生らしくオリジナリティ溢れるアイデア」を審査基準に厳正な審査を行い、以下の通り各賞が決定しました。

大賞者

審査委員の方々

審査委員の方々

  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景
  • 審査風景

審査風景

テレビCM部門

賞名 氏名(フリガナ) 学校名 学年 協賛広告主/テーマ商品 題名 秒数 内容
大賞 小酒 麗子
(コサカ レイコ)
HAL東京 1年 パナソニック株式会社/
乾電池 エボルタ ネオ
長持ちということ 15 詳細
金賞 受川 剛士
(ウケガワ タケシ)
大阪アニメーションカレッジ専門学校 2年 ライオン株式会社/
トップ スーパー NANOX
おばあさんは川へ洗濯をしに行きません 30 詳細
銀賞 北﨑 太介
(キタザキ ダイスケ)
千葉大学 大学院 株式会社資生堂/
アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
お出かけ、やだ! 15 詳細
銅賞 金澤 海月
(カナザワ ミツキ)
日本大学
芸術学部
3年 パナソニック株式会社/
乾電池 エボルタ ネオ
怖い話 30 詳細
奨励賞 佐伯 一能
(サエキ カズヨシ)
日本大学
芸術学部
3年 パナソニック株式会社/
乾電池 エボルタ ネオ
無人島編 30 詳細

ラジオCM部門

賞名 氏名(フリガナ) 学校名 学年 協賛広告主/テーマ商品 題名 秒数 内容
大賞 早川 莉奈
(ハヤカワ リナ)
名古屋外国語大学 3年 ライオン株式会社/
トップ スーパー NANOX
テスト 20 詳細
金賞 久松 祐稀
(ヒサマツ ユウキ)
福岡デザインコミュニケーション専門学校 3年 ライオン株式会社/
トップ スーパー NANOX
お母さんは魔法使い 60 詳細
銀賞 串 大輝
(クシ ヒロキ)
東京大学 4年 ライオン株式会社/
トップ スーパー NANOX
慎重編 20 詳細
銅賞 寒川 未空
(サムカワ ミク)
武蔵野美術大学 3年 ライオン株式会社/
トップ スーパー NANOX
検索履歴 20 詳細
奨励賞 稲垣 悠
(イナガキ ユウ)
映像テクノアカデミア 1年 株式会社資生堂/
アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
打つ手なし 60 詳細

※敬称略

協賛広告主とテーマ商品 <全8社、五十音順>

社名 テーマ商品
味の素株式会社 TossSala®(トスサラ®)
近畿日本ツーリスト株式会社 TABIPRE(旅プレ)
サントリーコミュニケーションズ株式会社 デカビタC
株式会社資生堂 アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
株式会社トヨタマーケティングジャパン C-HR
パナソニック株式会社 乾電池 エボルタ ネオ 
株式会社明治 アミノパワープロテイン
ライオン株式会社 トップ スーパー NANOX

第30回 ACC学生CMコンクール全体講評

木下審査委員長 < 全体講評 >

木下審査委員長 木下審査委員長

今年もCMとしての完成度もさることながら、学生らしい視点、クリエイティブでの飛び方をポイントに審査させていただきましたが、上位の作品はCMとしての完成度も高く、プロと学生の差が縮まってきているのでは?と感じたのは私だけだったでしょうか?
テレビCMの審査では、上位作品の投票を繰り返してもなかなか差がつかず、楽しくも苦労した審査会でした。

大賞受賞理由

テレビCM部門 大賞

特徴のある商品の作品が上位を占めました。その中でも小酒さんのエボルタネオの作品は商品を「小さいのに長持ち」と極めてシンプルに規定し、小さくないけど便利という残念なパターンの繰り返しで商品の価値を強く訴求したこと、アイデア、構成力、見事でした。他の入賞作品も今回は差が無く本当に素晴らしかったと思います。

ラジオCM部門 大賞

ライオン スーパーNANOXの作品がほぼ独占いたしました。どの作品も高いクオリティでしたが、その中でも名古屋外国語大学の早川さんの作品は、商品の特性をうまく訴求するとともに元気な子供を応援するCMにもなっていて、審査委員のみなさんも感心させられました。こちらも見事でした。

2017年度審査委員

ACCクリエイティブ委員会

広告主、広告会社、制作会社、テレビ・ラジオの放送局の各分野から選出された26名の方々で構成される委員会。
委員長は電通・木下一郎氏が務めます。*敬称略

委員一覧
委員長 株式会社電通 木下 一郎
委員
ライオン株式会社 片桐 理
大塚製薬株式会社 坂田 裕二
パナソニック株式会社 田村 俊樹
株式会社明治 豊田 祥一
株式会社資生堂 山本 邦晶
株式会社読売広告社 笠原 章弘
株式会社アサツー ディ・ケイ 清水 健
株式会社東急エージェンシー 能登 健裕
株式会社博報堂 藤井 久
株式会社ニッポン放送 飯島 誠
株式会社TBSテレビ 石井 明夫
株式会社フジテレビジョン 小野島 徹
日本テレビ放送網株式会社 小野 直子
株式会社文化放送 長島 太郎
株式会社エフエム東京 延江 浩
株式会社CBCラジオ 広瀬 圭一
株式会社テレビ朝日 松江 陽一郎
株式会社ワンダラクティブ 黒田 明
株式会社AOI Pro. 笹貫 善雄
株式会社TYOテクニカルランチ 田内 健弥
株式会社電通クリエーティブX 多田 真穂
株式会社サン・アド 土井 真人
株式会社東北新社 堀井 誠一郎
太陽企画株式会社 横山 友昭
株式会社ライトパブリシティ 吉原 浩

2017年10月現在